樹脂フェンスを購入する時にチェックしたいこと

目隠しやガーデニングに使用するフェンスは、様々な素材が存在します。素材によって質感やデザインといった見た目をはじめ、機能性やメンテナンスにも違いがあるので、フェンスを選ぶ時には注意しましょう。代表的な素材として、安価で耐久性もあるアルミやポリカーボネート、木製樹脂や人工竹などが利用されています。本物の木のような温かみのあるデザインにしたいけれど、メンテナンスを楽に行いたい場合におすすめなのが樹脂フェンスです。樹脂フェンスに使用されている木製樹脂は、その名の通りプラスチックを含んでいます。製品全体がプラスチックで構成されているものもありますが、構造部はアルミなどの金属を使い、表面を覆う部分にプラスチックを使っているタイプなど、多彩な種類があります。

樹脂フェンスを選ぶメリットとは

木製のフェンスやウッドデッキは、木の温もりや手作り感を感じることができるので、庭造りの際には人気の高いアイテムです。しかし、木は自然のままの素材なので、庭で風雨にさらされる内に変色や劣化し、いつかは腐ってしまいます。そこで便利なのが、木製のフェンスと近い見た目とデザインを再現できながら、腐食しにくい木製樹脂です。木製樹脂は耐久性だけでなく耐水性にも優れる素材で、水に濡れても腐ることがありません。メンテナンスは水拭きだけで良いので、維持するのにかかる手間が少ないのもメリットです。さらにカラーバリエーションが豊富で、家や庭の雰囲気に合わせてナチュラルからモダンまで自由に選べます。リーズナブルな価格設定で、買い替えなどを行う場合にも経済的な負担が少ないのも魅力です。

木製樹脂は安全で長持ちする素材

フェンスを購入する際は素材に関して多くの選択肢があり、樹脂製のフェンスよりも安い製品も多くあります。それでも木製樹脂が魅力的なのは、デザインはもちろん耐久性の高さや手入れの簡単さなどといった利点が存在するからです。屋外という日差しに当たる環境にあっても、極端な変色が起きにくく、プラスチックという特性からささくれなども出にくいメリットもあります。価格が安い素材のフェンスは気軽に作ることができるものの、1年程度で劣化し壊れてしまってはかえって費用がかかることになります。塗装で耐久性を上がることもできますが、あくまで表面だけで本体そのものの劣化を阻止することはできません。フェンスを施工した後は長く安心して使えるよう、価格だけでなく素材の性質をよく考えて選ぶことが大切です。